ちろろぐ。

ジャニーズ全般について。時々、うつ。

最近の若者のネットで知り合った男性と1対1で会うことの危機感の無さに驚き!!!!

こんばんは。

 

チロルです。(@arisu1006)

 

 

いやぁもう、今日ね、某ツイキャスを聞いててめっちゃイライラしちゃってね。

これは、問題だなぁと思って、書こうと思いました。

 

 

若者のネットで知り合った男の人と1対1であう危機管理の無さ。

 

f:id:chiroru1006:20180103025533j:plain

 

今日も某ツイキャスを聞いてて、あるツイキャスの配信者とリスナーの

関係だという。

で、リスナーの女の子は、自分が生理だから何もないだろうと

ひょこひょこ1対1で会って、えっちされちゃったんですけど、

謝罪もなくてー。って、何???

 

自分から、会いに行ってる時点でアウトじゃん!!

そんなん、えっちされたとしても、半分は、自己責任だと私は思うけどね。

もう、合意です!!って言ってるも同じだよね。

なんで、最近の若者は危機管理が無いのだろう???

不思議でしょうがないけどね。

 

私なんて、すっごいネットで仲良くなった異性がいても1対1では会ったこと無いよ。

女の人でも警戒するもん。。。。

 

 

マジでそんなんでひょこひょこ個室についていったら、

合意も同然だと男から思われても仕方ないよね。

それで、えっちされて謝罪がどーのこーのとか。。。。

 

アホですか???

 

 

自分から、えっちされに行って、謝罪???何をすっとぼけて

らっしゃるのですか???と私は言いたい。

 

 

座間のアパート女性連続殺人事件について

 

f:id:chiroru1006:20180103025757j:plain

 

あの場合って容疑者は、「実際は死にたいと思ってる人なんていなかった」と

言ってた。

あの事件も人間の闇を感じる。

Twitterで知り合った人と会うということは、ある程度、被害者にも

「もしかしたら、殺されるのかも。。。」ぐらいの考えはあったと思う。

 

ある場所でこんな話を聞いたことがある。

「中学生ぐらいの時に人生がイヤになってて、殺されるかもしれないと思いながら

知らない男の人とネットで出会って、会ったこと何度もあるけど、

殺されることはなかった。今は、生きててよかったと思ってる。」

 

ってことは、普通に考えて、知らない男性に女性があうということは

ある程度何かしらの覚悟があるのが普通だと私は思う。

全く何もないと考えるのは、世間知らずも甚だしいのではないか???

 

だから、被害にあった人もきっと何かしらの覚悟はあったのではないか?と思う。

まさか、本当に殺されるとは思ってなかっただろうが。。。。

 

前にこんな話を聞いた。。。。

 

某YouTuberと1対1で会って、「胸揉ませてって言われたんです。ショックで」

って泣いてツイキャスで訴えてました。・

結局、がっつりではなかったけど、軽く揉まれたとかで。。。。

 

言っておくが、YouTuberもツイキャス主も聖人ではなく、ただの男だということ。

 

 

タレントさんや、アイドルに会う感覚になってるかもしれないが、

違うから。。。。ただの男だから。。。。

 

今まで、憧れてた人に会おうと言われたら、ひょこひょこ出て行くんかーい!!!!

 

 

それで、性的なことがあったら、泣くとか謝罪してほしいとか、

おまいら、アホだろ???

会いに行った時点で自分自身を差し出してるも一緒だから。。。。

もう、どうぞ、お納めください!!!って感じに私は思ってる。

 

 

やっぱり、今の若者は、携帯が存在してて簡単にネットで

知らない人と出会うことができる。

ここがすでに私らの時代と違うとこ。

私が、10代の頃は携帯なんてなかったし、ネットも家庭には

普及してなかったから、知らない人との出会いと言ったら

文通ですよ。笑

 

それで、何度も何度も手紙のやりとりを異性としたとする。

それでも、私は、疑り深いので1対1で会うのは、怖くて

できないけどねー。

 

再度、行っておくと、ネットで知らない異性と会うのは

女性は、男性に身を差し出してるのと一緒。

もしくは、合意と思われても仕方ない。

 

だから、後から、グダグダ言う女の方がおかしいと

私は思う。

 

 

古い考えなのかもしれないけど、それが常識たるものだと

私は、思う。

 

 

そんなわけで、ネットの世界の憧れの人に会うと言うことで

舞い上がってて、後先考えずにひょこひょこ出て行く

若者には、もっと危機管理を持ってほしいと思う。

 

 

まとめ

 

 

自分の身は自分で守る。

 

これに尽きます。