ちろろぐ。

ジャニーズ全般について。時々、うつ。

ちろろぐ

しみさんの取材した就労移行支援「ルーツ」があまりにも好待遇で今にも飛び出したい気分。

こんにちわ。

 

 

チロルです。

 

今日は、昨日読んだ、しみさん(@shimi_yurutabi)の記事がとても興味深かったので

そのことについて書きたいと思います。

 

就労移行支援とは、なんぞや?

 

 

精神疾患や、発達障害を持った方で働けるほどの体力を取り戻した場合、

就労移行支援というものがあるのですが、

ここで企業で働けるようにパソコンや技術を身につけるところになります。

私も精神疾患を持っていますが、就労移行支援には、参加したことがありません。

 

 

本来なら、支援を受けて、社会復帰を目指すという選択肢もあるのですが、

私の場合、就労移行支援を受けてもそのあと社会に出る自信がないのです。

 

それと、自宅で文章を書いたり、昼間にのんびりと散歩をするなどして、

もう、せかせかとした生活がイヤなのです。

 

 

私の場合は、それで済むかもしれません。

障害も重度ということもあって、社会復帰しても、また入院ということに

なるでしょうから。。。。

 

しみさん、就労移行支援「ルーツ」に潜入。

 

で、何が、興味深かったかというと、しみさんが、新宿にある「ルーツ」

という、パソコンを中心に教えている就労移行支援にインタビューに行ってるんです。

 

 

それが、↓この記事になります。

 

 

blog.hanauta18.com

 

ルーツでは、結構、専門的な部分まで教えてくださるようなので、

しっかり勉強したら、企業でも戦力になること間違いないと思います。

 

 

しかも、ルーツでは、ほとんどの人の場合が、タダというとこが

また魅力だと思います。

私は、先ほども書きましたが、山梨の就労移行支援に参加していないので

どの程度まで教えてくださるのか、ちょっと「ルーツ」と比較の仕様が無いのが

とても、残念ですが、しかし、「ルーツ」は、いろいろな地方にある就労移行支援と

比べても、劣っている部分はないと感じています。

 

 

私が、入院してる時に勧められたのが、本当に子供でもできるような

簡単な作業で賃金もとても安くてという就労の形でした。

私は、それは、すごくイヤだったので、自分で働くことを選びました。

今は、それでよかったと思っています。

 

 

でも、山梨にもし、「ルーツ」があったとしたら、通うと思います。

だって、90%の人が無料でWebやCSSなどを勉強できるとしたら、

そこは、みっちり教えていただきたいなぁと思います。

 

 

ということでもっと全国にも本当の為になる就労移行支援があったら

もっと、障碍を持ってる方でも働けることができると思います。

 

 

今回のしみさんの記事は、とても勉強になりました。

 

ありがとうございます。