ちろろぐ。

ジャニーズ全般について。時々、うつ。

ちろろぐ

なりたい自分=人に嫌われない人間になるのは、現実的には、無理である。

ライフハッカーに「なりたい自分」になるには

「他人に自分がどう見えてるのか」を気にしようという記事があった。

 

 

それについてちょっと考えてみた。

みんな人それぞれ「なりたい自分」というのがあると思う。

ぶっちゃけると私は、結構理想どおりの自分になれてると思ってる。

最初、「他人に自分がどう見えてるのか」いちいち気にしてたら

疲れるんじゃないか?と思ってみたりもしたんだが、

それは、解釈の違いで「他人に自分がどう見えてるのか」というのは

気にするべきであり、他人に嫌われないように気をつけるとかとは

違うということ。

 

私は、結構、頑固だから、敵を作りやすい部分がある。

言いたいこともハッキリ言ってしまうし。。。。

そんな私が好きじゃないとか受け入れられないって人はたくさんいると思う。

そうゆう人に媚びるつもりもないし、

私のことを受け入れてくれる人にだけ好かれたらそれでいいと思ってる。

それで、キツイこともいうから、ブログも炎上することもある。

(今のとここのブログではないけどね。笑)

だから、相手の顔色を伺うようなことはしない。(毒親は別。笑)

 

 

ただ、「他人に自分がどう見られてるのか」っていうのは、上記のこととは

違うのだ。

 

なりたい自分というのは、ある意味、目標なのだ。

だから、目標のためには、どうしたらいいのか?という問題で

それが、1番わかりやすいのが他人の目でもあるのだ。

 

 

例えで言ったら、

芸能人などが、そうではないだろうか。。。。

芸能人は、こうゆうイメージでの売り出し方をしようというのがあって

それを目指すために世間に自分がどう見られてるのか?

というのを気にするのがなりたい自分になる1番の近道だと思う。

 

 

だから、なりたい自分と嫌われたくない自分とは、違うかなぁ。。。って。

なりたい自分=嫌われたくない自分っていうのは、

絶対無理だし、ホントにそれをしてたら、病むと思う。

だって、誰にも嫌われなく生きるって無理に近いもん。

絶対、どっかどうかで誤解されたりで嫌われたりもするし。

 

 

 

要は、理想と現実があるわけだったりする。。。。